制度信用取引について

制度信用取引とは、各証券取引所が選定した銘柄のみを取引対象と出来る信用取引のことです。制度信用取引では、証券会社から借りた現金や株券を6ヶ月以内に返済しなければいけません。制度信用取引では取引対象となる銘柄が限定される上に、取引所によって選定される必要が有る為、取引可能となるまでに時間がかかる場合があります。しかし、取引所によって選定されている分、一定の信頼性がありますので、証券会社に支払う金利は低く設定されています。

一般信用取引について

一般信用取引では全ての銘柄を取引対象とすることが可能です。証券取引所による選定作業が行われませんので、上場初日から取引を行うことが出来ます。返済期限は原則無期限となっていますが、金利は制度信用取引よりも高く設定されていますので、あまり長期間にわたって借り続けることには注意が必要です。制度信用取引は取引証券所の規定に基づいて実行されますが、一般信用取引は各証券会社によって取引ルールが異なりますので、事前に十分確認してから取引を行うことが必要です。

どちらの取引の方が得か

制度信用取引と一般信用取引のどちらが得かと言うことを、断定することは出来ません。それぞれ取引状況によって異なりますので、より多くの銘柄を取引対象としたければ一般信用取引を行うことが必要ですし、金利負担を抑えたければ制度信用取引を選択することが必要となります。ただし、制度信用取引で始めた取引を途中で一般信用取引に変更することは出来ませんし、同様にその逆も不可能ですので、取引を開始する前には注意することが必要です。

信用取引は英語でマージンとも呼ばれ、資金を証券会社から借り入れて株を売買する取引方法になっています。