株価を意識して売買をしましょう

為替と株価、先行指数は密接な関係にあります。よくニュースではセットで報道されていますよね。株価が上がれば外国からのお金が集まり易くなり、円安が進みます、株価が下がれば逆の現象が起こります。確実にそうなる訳ではありませんが、傾向として考えるのであれば重要な情報の一つです。株の投資家も為替の動きには注目していますので、尚更、影響をお互いに与えあっています。為替取引は株の勉強もしておいた方が、売買のタイミングを計り易くなります。

国債の利回りで方向性を決めましょう

国債と言っても馴染がありませんよね。一般の人はあまり購入しませんからね。国債は色々な種類がありますが、為替に重大な影響を与えるのは。米国の10年ものの国債です。利回りが少し変化しただけでも、100pipsぐらいは一瞬にして変動する事があります。その時は為替を売買するチャンスになります。一度トレンドが発生した為替は、しばらくは同じ方向に動きます。素直に同じ方向に仕掛けるだけで高確率な取引ができ、大きく利益も狙えます。

長期的に判断しましょう

為替の売買と言うと短期売買を連想しがちですが、長期的に考えるのもアリですよ。為替は長い年月で見ると9年ルールというものがあります。9年に一度、大きく円安に動くというものです。一ドルが100円を割った時に、米ドルを買っておけば、数年後には円安で大きな利益を残せる事が可能です。また、リスクヘッジにもなります。日本がスーパーインフレになっても米ドルを保有していれば資産に影響は受けませんからね。是非。参考にしてください。

為替とは、なんとなく外国のお金同士を交換することだと思い込みがちですが、実は現金を使わず支払いを行う金融取引のことを言います。